手軽なコミュニケーションツールで気持ちを伝える告白

メールやSNSのような電子文字でのやり取りは、手軽なコミュニケーションツールとしてはとても優秀です。

やり取りにタイムラグもなく、いつでも気軽にできるというところがメリットですが、恋愛の告白の場としては手軽過ぎるという意見もありますね。

なので、気持ちを真剣に伝えるという意味では手紙での方がずっといい、という人のほうが多いんですね。
なので、やっぱりメールやSNSを使うくらいなら手紙を書いてみるべきでしょう。

手紙を使って気持ちを伝えるのはいいことばかり

何故、手紙を使った方がいいのかということですがやっぱり手書きという物は文字にその人の人格が現れやすく相手の顔が見えるので、無機質なメールやSNSよりも気持ちを伝えやすいんです。

そして、手紙というのはとっておけばいつまでも長く残しておく事ができる物ですからね。

メールやSNSは、それこそちょっとしたことで消えてしまうこともあるものですから、大事にとっておくことができる、という意味でも手紙の方がいいでしょう。

それこそ、もしも成功して気持ちが通じ合い恋愛関係になってから長いことたって、久しぶりに気持ちを伝えるための手紙などを呼んで見ると嬉しくもちょっと恥ずかしい、そんな気持ちを共有し合う事ができる思い出の形を残せるのです。

どのように手紙を綴れば思いが伝わるか

そして、肝心なのは重要な手紙のあり方ですね。
当然ですが、便箋と手紙は新品な物を使うようにしましょう。

使い古しの物や日に焼けたり褪せたりしているのは印象がよくないですし、しわくちゃの紙だったりチラシやノートの切れ端なんていうのはもってのほかです。

そして、内容も誤字脱字がないか、文章の接続詞や同じ言葉を繰り返し使っていないか、ということなど内容についてもしっかり読み返しチェックをして推敲するようにしましょう。

書くものも、鉛筆やシャーペンなどではなくボールペンや万年筆と言ったしっかりした物で丁寧に書く事が大事です。

一字一句、文字を丁寧になるだけ綺麗に書くということを意識しておきましょう。

手紙、というのは特に丁寧に書けばそれだけ手間がかかります。
その方が、より気持ちが篭っているように見える物なんですね。