手紙で告白する失敗例とは

手書きの手紙での告白は、より気持ちを素直に伝えやすく形に残す事ができる、という事で実際もらう側も嬉しい物なんですね。

しかし、この手紙がいつまでも形が残るという意味でも実は内容に気をつけなくてはいけない、という点もあります。
手紙で告白をする場合はとにかく相手に気持ちを伝えようと一生懸命になるものですが、その内容に気をつけないと大失敗してしまうかもしれません。

手紙で気持ちを伝える時に気をつけること

手紙で気持ちを伝えること自体は確かにいいことなのですが、人間というのは特に恋愛感情に熱中していると冷静な考えができなくなってしまうもの。

特に、相手の事を想うあまり手紙を書いているとハイになってしまうこともあるんですね。

さて、そんなハイになった状態でラブレターを書いてみたらどうなるでしょうか?経験がある人ならわかるかもしれませんが、経験者は絶対にやめておけ、というハズです。

若気の至り、という言葉がありますが正にハイになった状態で書くラブレターはこれに該当することになりかねません。

言ってみれば、好きな気持ちや情熱に乗っかったまま想いを綴ってしまうと、後で読み返すとそれはもう恥ずかしい内容になっている事請け合いなのです。

言い換えれば、調子に乗っているというか自分に酔っているような内容になってしまうことがありますので、まずは落ち着くことが大事です。

ラブレターを書くのにやってしまいがちな失敗

そして、更にそれとはまた別で文章の内容を奇をてらって書こうとするタイプですね。

相手に好きになってもらうために、自分が魅力的な人間でアピールしようとするあまり、格好つけるとそれはもうまたハイになった状態で書くラブレターと比較しても悲惨なことになります。

特にやってしまいがちな事がオリジナルソングの詩を書く、ポエムを綴る、ラブソングの歌詞を引用する、詩的な表現をしようとする。
これら全部ははっきり言って失敗の元にしかなりませんし、かっこよく見えたりする事は絶対に或りえませんのでやめておきましょう。

大事なのは、自分をよく見せる事ではなく相手に対して気持ちを伝える事なのでわかりやすい文章で書くように、そしてシンプルに気持ちを綴りましょう。