告白をするために呼び出しを手紙でする

告白をする時には、相手に面と向かって直接気持ちを伝える事が大事で成功率も高いです。
が、大事なのはその告白をするための場所に相手に来てもらう事ですね。

そして、その際の呼出し方法ですが直接呼ぶというのもいいのですがここはワンクッション置き、相手にドキドキを共有してもらうために手紙で呼び出しをする、という手もありますね。

相手にだけ伝える、そして正確に伝えられるという点でも利点が沢山あります。

告白をする前に呼び出しを手紙で行う

手紙で、告白するために相手を呼び出すという方法には色んなメリットがあります。

まずは、相手に来てほしい正確な時間や場所をちゃんと伝える事ができる、ということ。
そして、もう一つは手紙を読む本人にだけちゃんと伝える事ができる、ということですね。

直接、ちょっと話があるんだけどと相手を呼ぶ際に相手が都合よく1人で居てくれるとは限りませんし、1人になるのを見計らうためにチャンスがなくなるというようなこともあります。

相手に手紙を渡すにしろ、手紙を靴箱や机の中に忍ばせておくなど相手にだけ伝える、ということができるのは手紙ならではですね。
そして、手紙で呼び出しをすることで相手に想像の余地を与える、ということもできます。
もしかして?と思って相手がドキドキしてくれれば、恋愛感情を芽生えさせるチャンスにもなります。

手紙で呼び出して気持ちを伝えるまでの流れ

手紙の内容は、大事な話の要点はぼかしておくのがいいでしょうね。
どうしても伝えたい事があるので、どこどこに来てください、待っていますというように内容は明らかにせずに来てほしい事と自分が相手に対して伝えたい気持ちがある、という事を書いておくシンプルな内容がおすすめです。

そうして、話の内容を相手に想像させることで意識させるという効果を狙う事ができます。

なので、これまで恋愛対象として意識していなかったとしても、異性として意識させることができるので、成功のチャンスは高くなるでしょう。

ただ、この手紙で呼び出しをするという事ですが相手にだけ伝わるようにするためにはなるだけ確実に見つけてもらえる場所に仕込むということです。

相手が確実に目を向ける場所、というのがポイントですね。