口下手な人を助ける告白アイテムはありますか

告白をする時に大事なのは、その内容もそうなのですがどう形にするのかということも大事です。

口下手な人が、何とか一生懸命しようとして呼び出したはいい物の、中々切り出せず無言の時間がずっと続いてしまったり、変なことを口走って気持ちが伝わらない、ということもあることです。

気持ちはある程度あったけど、告白方法があまりにひどくてフラれてしまったということも結構あることなので、口下手な人は手紙などを使う方がいいかもしれません。

手紙が持つ存在意義と気持ちを伝える力

手紙は、最近ではメールやSNSなどの普及で使われる事がなくなってきては居ますが、大事な気持ちを伝える方法としては実は今も大きな存在意義を持っているんですね。

特に、恋愛における相手に気持ちを伝える、という方法は口下手な人だと直接顔を見て喋るという事が大きなハードルになってしまうことがあります。

はっきりと好きだと伝える事ができず、何だか気持ちが伝わらなくなってしまい、何も言えなくなってしまったりしては勿体無いですからね。

言葉の選択も、考える時間が足りずに間違ってしまったりして相手の気持ちを冷めさせてしまうなど、口下手な人の失敗をあげればキリがありません。

しかし、手紙であればゆっくりと自分のペースで考え時間をかけて作る事ができるので気持ちを伝える事がしやすくなります。

メールではなく手紙を使う意義とは何か

しかし、文章を送るのであればそれこそメールでもできるのではないかと思うかもしれませんね。

確かに、現代的な告白のやり方ではあるのですがやはり電子的な物での告白、というのはどこか味気なさを感じてしまうこともあります。

勿論、それが全部ダメというわけではないのですがそこに温度を感じないと気持ちの盛り上がりも上手くいかない、ということもあります。

その点、手書きの手紙というのは味や温かみがあり、そして何より書いた人だけの物というのがそこに伝わりますよね。

文字、というのはその人独特の癖という物が手書きには出ますから、そう言った書いた人の人柄などがよく見える手書きの手紙、というのはメールでは伝えられないような物が目に見える、という利点があるんですね。

古い方法ですが、だからこそそこに価値があるのです。