ロマンチックで想いをストレートに伝える告白をしよう!

昨今、携帯電話の普及やSNSの登場で手紙を使う機会は減ってしまっています。

だからこそ、手書きの手紙というのはとても貴重な物で気持ちを伝えるという意味でもとても効果的なんですね。

そして、何よりインパクトがありますので相手の印象に残りやすく、自分のために手間と時間をかけてくれたんだということが伝わりやすい事ですね。
そう言った意味でも、特に男性が女性に気持ちを伝える際に手紙という手段を使うのはかなりありですね。

告白する時は素直に気持ちを伝える手紙で

手紙を使って告白する、という時に気になるのはやっぱり字の上手い下手ですね。

自分は、あまり綺麗な字をかける方じゃないから手書きの手紙よりもメールや言葉の方が印象がいいんじゃないか、と思う人も居ますが手書きの手紙というのは字が上手ければいいというわけではないです。

大事なのは、丁寧に字を書くということなんですね。

丁寧に時間をかけて字を書けば汚い字になることはないですし、何より真剣さが相手に伝わるというところがポイントですね。

自分のために一生懸命に時間をかけてくれたということは、特に手紙ではまっすぐに相手に伝わりやすく、そういった気持ちは基本的に喜ばれる事が多いですからね。

なので、手書きの手紙というのはまずは真剣に時間をかけて書いていくということが大事なんですね。

送る手紙についてもしっかりと考えること

そして、送る手紙自体にも色々と考えを巡らせてみましょう。
あまりにもシンプルで地味過ぎる便箋だと、少し印象が弱いですからね。

しかし、あまりにも奇をてらったものだったり可愛すぎる物だったりすると、ちょっと印象が良くないです。

シンプルな、カラー一色がベースになっているワンポイントでちょっとした飾りや色味があるような物だと、いいでしょうね。
色も、パステルカラーや原色の物よりは落ち着いた淡い色合いの物がいいでしょう。

親しい間柄であるのであれば、相手の好みやイメージカラーに合わせて見るのもいいかもしれませんね。

そして、文章の内容は前置きが長かったりだらだら書き連ねるのではなく、読みやすいようにストレートに、そして気持ちをしっかり込める事ですね。

特に、出す前には何度も読み返して推敲することをすすめます。